【iPadの選び方】どれを買うべき??迷ったらiPad第7世代!

BEST BUY

こんにちは。ikkyuです。

 

今回は、iPadの選び方について説明していこうと思います。

 

これを見てらっしゃると言うことは、少なからずどのiPadにしようか悩んでいる方なのではと思います。

私自身、めちゃくちゃ悩みました。

そして悩みに悩んで無印のiPad第7世代にしました。

 

今回は、なぜ第7世代にしたのかの理由3つ

  • とにかく安い
  • 十分すぎる性能
  • 引けを取らない機能

 

こちらをお話ししていこうと思います。

 

私がiPad第7世代を選んだ理由3つ

 

Part①とにかく安い

 

とにかく何でもいいからiPadが欲しい。と言う方は、iPad第7世代を選んでください。

なんてったって安いんですから。

 

iPad第7世代 WiFiモデル 32GB 価格34,800円(+税)

 

これはiPadの中で一番安いんです。これだけで買う価値があります。

チップなどの部品をフラッグシップモデルと言われるような最新のものを搭載しないことでこの価格を実現しているのです。

 

ただ、持ちたい。やりたいことは特に決まっていない。

そう言う方は、とりあえずこれを買えばいいと思います。

 

そして、iPad第7世代を選ぶなら32GBをお勧めします。

 

逆に128GBは買わないでください。

 

なぜなら、128GBのiPad第7世代は44,800円+税になります。

「それなら、iPadAir 64GBにさらにあと1万足して買った方がいいんじゃね?」

ってなります。

 

せっかく安いからという理由でiPad第7世代を購入するならば、

中途半端な選択はせずに割り切って32GBを購入しましょう。

 

 

Part②十分すぎる性能

 

前述したとおり安いですが、性能が悪いなあと感じたことはありません。

 

iPad第7世代にはA10Fusionチップと言うチップが入っています。

人間で言う脳みそのようなものと考えてください。

これは、iPhone7と同じものになります。

確かに3、4年ほど前のチップですが、動きが遅いやカクツクなあと感じたことはないです。

 

例えば、あなたがiPhoneを2、3年使って機種変更したとします。

新機種を使ってみて多少の変化は感じることがあったとしても、

圧倒的に速くなった!!と感じることはあまりないでしょう。

iPadも同じです。少し前のチップが入っていたとしても変わらず動きます。

 

このA 10Fusionチップで十分すぎるほどよく動きます。

そもそも、Appleが新商品として2019年に出したばかりのものが使いづらいわけがないんです。

 

ただ、もしユーチューバーを目指す方などで動画編集をメインでiPadを使いたいんだ!と言う方は、第7世代以外のものを検討してください。

 

実際、私が旅行に行った際の思い出をiPadで動画にしようとしたのですが、結局PC でやったことがあります。

全然できなくはないですが、そう言う方は、今後のことを考えて最初に投資として他のモデルを買うことをお勧めします。

 

そうでないなら、iPad第7世代で十分です。

 

 

Part③引けを取らない機能

 

性能面で言うなら確かに違いはあります。それは廉価版なので仕方がないです。

しかし、機能面ではiPad ProやAir、miniに備わっているけど、第7世代には搭載されていないものは基本ないです。

 

例えば、iPad Proで使えるSplit ViewやSplit Overが第7世代では使えないんです。なんてことはありません。

現行のiPadで他のiPadにだけ新機能が入って第7世代には対応しません!のような仲間外れにされていることはないですし、エントリーモデルとしては最高のモデルです。

 

今後もっといろんなiPadに触れて行きたいと考えている方ならば、尚更他のiPadに対して引けを取らないお試し機として第7世代のiPadを購入してみるのもアリかと思います。

 

最後に

いかがでしたか?

今回はどのiPadを買おうか悩んでいる方に向けて、記事を書いてみました。

私は、とりあえずこのiPad第7世代を買ってよかったと思っています。

第7世代のiPadを使ってみて、物足りないと感じるようになったら新しいiPadに手を出してみると言うのが一番いいと思います。

 

買ってから毎日iPadを使う私が思うiPadのメリットをまとめた記事もあるので、是非こちらもご確認ください。

↓↓

少しでもiPadを買おうか悩んでいる方への後押しになれば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました